活用法と可能性

従業員のシーズン外の働き方

スノーリゾート地として稼働しているということは、そこで働くスタッフの方々もいらっしゃるということです。
そこで働く従業員の方々が、オフシーズンは生活の為に別の仕事を探さなければならないとすれば、大変だと思われます。
オフシーズンの場所はどうなっているかの問題と連動して、従業員の方の事情も気になりました。

先にご紹介したように、オフシーズンにフラワーパークやピュアで仕事をしたり、グラススキーやマウンテンバイクの教室などをすれば、一年中働く環境となるでしょう。
そうなれば、離れた土地に出稼ぎに行かなくて済みます。

グラススキーやマウンテンバイクなどのコーチは、冬にコーチをしている人ならば、入りやすい仕事かもしれません。

一方で、地方のテーマパークや遊園地は最近、苦戦のニュースをよく見聞きします。
オフシーズンのフラワーパークなども、盛り上げていくのが大変かもしれません。

シーズン以外は何をしている?

スノーリゾート地で有名な場所は、シーズン以外は何をしているのかを、調べてまとめてみました。

あるところでは人口ゲレンデでグラススキーや自転車型スキーなど、冬に近いスタイル展開をしているようです。

またあるところでは、マウンテンバイクのような、アクテビティの環境を提案しています。

またあるところでは、フラワーパークを造って、自然と触れ合う場としています。
リフトなどで山の頂上付近まで登り、純粋にその景色を眺めてもらう土地もあります。

もし機会があれば、同じ土地をオンシーズンとオフシーズンの両方、訪れてみたいとも思いました。

冬場にふと思ってしまいそうな疑問に、答えられましたでしょうか。
さらに、スノーリゾート地にあえて夏場に出掛けるという発想は、なかなか思いつかないかもしれません。
そういった参考にもなりましたならば幸いです。