スノーリゾートで有名な場所はシーズン以外では何をしている?

意外と知らないシーズン以外のスノーリゾート地の楽しみ方

利用すればお得なオフシーズン

夏場のスキー場のアトラクションの王道と言えば、グラススキーではないでしょうか。 グラススキーは、冬のスキー板の代わりに、キャタピラのようなものを着けます。 他にも、ウオータージャンプやトレッキングなど、オフシーズンの夏山でのスポーツをご紹介します。

夏山で身体を動かす

冬のシーズンには、スノーリゾートを楽しまれる方も多いのではないでしょうか。
スキーやスノボをはじめ、ソリにスケートなど、様々です。

ではそのようなスノーリゾート地は、夏などのオフシーズンは、どのようになっているのでしょうか。
スキーやスノボが楽しめる場所では、シーズン以外でも、リフトは片づけないでしょう。
宿泊施設も、そのまま存在していることでしょう。
そして、あえて停止しない限りは、その場所までの交通機関も。

スキー場でまず思い浮かぶのは、夏場のグラススキーでしょう。
その他にも、楽しめるスポーツがあるようです。

最近は、フェスの会場としても、見聞きすることが多くなってきた気もします。
街中での箱型の会場とは一味違った、開放感のある空間で、しかも大きな規模で開催されるフェス。

さらに、こうした場所は山の上のほうだったりするので、純粋に眺めが良い、という特長もあるでしょう。
景色を売りに、観光の展開も期待出来ます。

色々な楽しみ方がありながらも、やはりスノーリゾート地としてはオフシーズンなので、宿泊費は冬に比べれば安いかもしれません。
うまく利用すれば、穴場とも言えるでしょう。

こうしたスノーリゾート地でのシーズン以外の楽しみ方を、掘り下げてご紹介していきたいと思います。
オンシーズンに訪れた時は雪の下だった場所に、オフシーズンにも訪れてみれば、全く違った印象を受けて、二倍の楽しみとなるかもしれません。

実は知ってそうで知らないような、シーズン以外のスノーリゾート地について、調べてみました。


自然とアトラクション

オフシーズンのスノーリゾート地の可能性のひとつとして、観光地化が挙げられます。 花をたくさん植えてフラワーパークにするというのも、人気のようです。 ピュアと呼ばれる、自然体験グラウンド施設を造り、トレッキングや、アスレチックを楽しめるところもあります。

活用法と可能性

ここまで、スポーツの環境や、観光目的などご紹介してきました。 表題のような疑問が生まれるように、スノーリゾート地のオフシーズンは、まだまだ穴場かもしれません。 シーズン以外の展開をもっと知っていただき、足を運んでいただければ、さらなる可能性がみえてくるのではないでしょうか。